一般歯科

一般歯科

当院の虫歯治療

当院では、悪いものは残さず徹底的に除去する虫歯治療を心がけております。再発を防ぐためにも、虫歯の取り残しや見落としがあってはいけません。一度治した歯が二度と虫歯にならないよう、しっかりと削り、必要があれば抜く。そうして妥協のない治療を行ってまいります。

虫歯の進行と治療法

C0:脱灰

C0:脱灰
C0:脱灰 白濁が見られる虫歯の初期段階です。痛みもなく自覚症状がないため、歯科医院にて早期発見することができれば、毎日の歯磨きとフッ素塗布などによって予防することができます。

C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶けて歯の表面が黒くなっている状態です。まだ痛みは出ません。虫歯部分のエナメル質を削って、そこに詰め物をして治します。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯
虫歯が象牙質まで達した状態で、冷たいものや甘いものがしみることもあります。こちらも、虫歯部分を削って詰め物をする治療法になります。

C3:神経の虫歯

C3:神経の虫歯
虫歯が歯の神経にまで達してしまい、強い炎症や痛みが生じます。この場合、神経を取り除いてかぶせ物を装着する治療を行います。

C4:歯根の虫歯

C4:歯根の虫歯
歯根まで虫歯が進行してしまった状態です。この段階になると歯の神経が死んでいるため痛みを感じません。ほとんどの場合、抜歯をして入れ歯やブリッジ、インプラントを入れる必要があります。

当院の麻酔治療

当院の麻酔治療

当院では、治療中の痛みを抑えて患者様の負担を少しでも軽くするために麻酔を用いて治療を進めていきます。通常の麻酔は人が注射器で麻酔をしていきますが、液が入っていく際に痛みを感じます。この痛みの原因は、液を入れるスピードが早かったり遅かったりすることで歯肉に「圧」がかかり痛みが発生したり、注入する際の医師の手の揺れ(注射器を押す際に固いので揺れが生じます)等により痛みが発生します。当院では「電動麻酔」を使用しておりコンピューター制御により圧力が一定なので「圧」がかかりづらく、また医師の手に揺れも少ないため痛みが手動よりも少なく済みます。また、体温に麻酔薬が近いと痛みが軽減されることから麻酔薬を体温に近い温度で保っております。更に針が刺さる瞬間の痛みを軽減させるために細い針を使用しておりますので痛みに弱い方も安心してお越しください。

pageTop